森の美術館in雲仙
INDEX - 雲仙よか湯 - 森の美術館in雲仙 - T'S GRAGE - ネットショップ - よか湯最新情報
開催中の作品展情報
入館情報
大 人
300円
※但し雲仙よか湯へ
     ご来場者は無料
子 供
無料

開館時間
午前9時~午後7時まで
休館日
展示準備期間中

関連リンク

森の美術館in雲仙HOME

懐かしい雲仙の写真

開催終了の作品展

HOME | 2004年 | 2005年 | 2006年 | 2007年 | 2008年 | 2009年 | 2010年 | 2011年 | 2012年 | 2013年 | 2014年 |

▼2011年:
①江戸時代、長崎に入った中国の文化 来舶清人の書画展(H23年1月23日~6月5日)
②雲仙を愛した古今の人達~霊峰雲仙に往来した人たちの作品展(平成23年7月24日~9月25日)

中国から渡来した黄檗宗の書画展◆H23年10月9日(日)~12月18日(日)
中国から渡来した黄檗宗の書画展» ページ①

雲仙を愛した古今の人達~霊峰雲仙に往来した人たちの作品展◆H23.7.24~9.25
雲仙を愛した古今の人達~霊峰雲仙に往来した人たちの作品展» ページ①

» ページ②

江戸時代、長崎に入った中国の文化 来舶清人の書画展◆H23/1/23/~6/5
江戸時代、長崎に入った中国の文化 来舶清人の書画展
古来、中国から長崎へは多くの文化が入ってきた。
この永く大きな中国から文化の影響を簡単に要約するのは難しいが、大昔は別として近年では、壊域状態にあった日本の仏教を再興するために取り入れた黄檗宗の仏教の文化の到来が一つである。
もう一つは鎖国時代にほとんどの海外の商品・文化類が長崎に入って来ている。
この中に来舶した中国の明・清時代の貿易商人たちの文化たちがもたらした書画の文化ではなかろうか。
今回は黄檗文化は年末の企画にある為、最小限に留め、明・清時代の文化たちの書画展を企画することとした。

■主な展示内容(作者)
逸然、隠元、木庵、即非、陳逸舟、江云閣、江稼圃、徐雨亭、程赤城、王冶梅、王克三、伊孚九、張秋谷、沈南蘋、宋紫岩、華昆田、陸吟香、方西園、費晴湖、孟涵九、馮鏡如、胡公壽、李鴻章、銭少乕、ほか

江戸時代、長崎に入った中国の文化(来舶清人の書画展)